2010年06月19日

<口蹄疫>早期出荷対策事実上断念へ 副農相(毎日新聞)

 宮崎県の口蹄疫(こうていえき)問題で、現地入りしている篠原孝副農相は16日、川南町など発生集中地域の半径10〜20キロの搬出制限区域の感染リスクを減らすための家畜の「早期出荷」対策について「感染が収まれば急いでやる必要はない」と述べ、事実上断念する考えを明らかにした。

 県庁で記者団に明らかにした。政府は先月、搬出制限区域内の家畜をゼロにする緩衝地帯を作る考えを示していた。農林水産省は既に、繁殖雌牛(母牛)については「貴重な資源」として、早期出荷の対象から除外することを決めている。

 えびの市や都城市では、発生とほぼ同時に感染疑いの家畜を殺処分・埋却するウイルスの封じ込め策で一定の成果をあげている。篠原副農相は「早期出荷しようとした時に飛び火した。『えびの方式』でやった方がいい。緩衝地帯方式は変更されたと言っていい」と述べた。【石田宗久】

【関連ニュース】
口蹄疫:都城周辺は陰性 発生農家から1キロ、牛豚97頭
高校野球:夏の宮崎大会、開会式中止を決定 口蹄疫で
口蹄疫:宮崎・延岡へ通じる林道2路線封鎖 大分県佐伯市
口蹄疫:1例目感染発見から約2カ月 見えぬ終息の兆し
口蹄疫:西都市で新たに感染の疑い 289例目

裁判員裁判の判決文に評議の経過 「国民目線」見せる工夫!?(産経新聞)
友禅染をポップな現代アートに 外車ショールームで展示会(産経新聞)
千葉県の男に逮捕状=横浜弁護士殺害の疑い−離婚調停でトラブルか・神奈川県警(時事通信)
基礎収支、10年以内の黒字化目標=菅首相(時事通信)
豆腐会社社長を逮捕=汚水を垂れ流し―千葉県警(時事通信)
posted by フクシマ トシミ at 07:33| Comment(14) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月15日

菅連立内閣、8日夜発足=11閣僚を再任、首相就任会見へ(時事通信)

 民主、国民新両党による菅連立内閣が8日夜、発足する。内閣の要の官房長官に就く仙谷由人氏が同日午後、17人の閣僚名簿を発表。新任は6人で、このうち財務、農林水産両相には、野田佳彦、山田正彦各副大臣が昇格した。民主党の玄葉光一郎政調会長が入閣し、公務員制度改革や少子化対策などを担当する。一方、国会開会中であることを考慮して、岡田克也外相ら鳩山内閣の閣僚11人を再任する。代表選で菅氏を支持し、小沢一郎前幹事長に距離を置く有力議員の起用が目立ち、「脱小沢」色の強い布陣となっている。
 菅直人新首相は8日午後、首相官邸で国民新党の亀井静香代表と会談し、同党が重視する郵政改革法案について速やかな成立を期すことで一致し、連立樹立を確認した。
 菅氏は夕方に記者会見し、政権運営の基本方針などを説明する。その後、皇居での首相任命式に臨み、第94代、61人目の首相に正式に就任。閣僚の認証式を経て、同日中に新内閣が発足する運びだ。
 菅氏の所信表明演説は11日に、これに対する各党代表質問は14日から行う方向だ。
 組閣に先立ち、菅氏は8日午前、民主党の役員会に出席。「当面の問題は、国会対応と同時に、この後に控えた参院選にいかに勝ち抜くか。参院選対本部の本部長として、先頭に立って走り抜きたい」と述べ、参院選に全力を挙げる決意を強調した。
 玄葉氏が党政調会長兼務で入閣するのは、政府と民主党が連絡を密にし、「政策一元化」の方針を担保するため。仕分け人として事業仕分けに取り組んだ蓮舫参院議員は行政刷新担当相に、菅氏側近の荒井聡氏は経済財政、消費者行政の担当兼務で国家戦略相にそれぞれ就く。菅氏は4日に衆参両院で首相に指名されたが、閣僚などの人選を慎重に進めるため、組閣を先送りしていた。この間、同日午前に総辞職した鳩山内閣が5日にわたり、職務を執行していた。 

【関連ニュース】
【特集】迷走!普天間移設〜鳩山首相が退陣〜
鳩山首相が漏らしていた「辞意」
〔写真ニュース〕野党、小沢氏招致で一致
〔写真特集〕鳩山首相、苦悩の1カ月
首相補佐官に阿久津、寺田氏=逢坂、小川氏は再任

参院選 7月11日固まる 郵政法案、今国会成立見送りへ(毎日新聞)
<名阪国道>10分以上逆走し衝突、69歳死亡…三重(毎日新聞)
両陛下、陶磁器試験場に(時事通信)
オウム進出阻止に700人=新拠点警戒、住民集会―東京・足立区(時事通信)
<在日米軍再編>普天間移設 きょう菅首相と沖縄知事が会談(毎日新聞)
posted by フクシマ トシミ at 14:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月10日

荒井国家戦略相に「事務所費問題」 本人説明せず…民主慌てて疑惑否定(産経新聞)

 民主党の細野豪志幹事長代理は9日午前、党本部で記者団に対し、荒井聡国家戦略担当相の政治団体「荒井さとし政治活動後援会」が、都内のマンションの知人宅を実態のない事務所として総務省に届け、政治資金収支報告書に平成15年から6年間で、約4222万円の事務所費を架空計上していたとの一部報道について否定した。

 疑惑を報じられた荒井氏本人および事務所は同日朝の段階で、記者への説明を避けている。正滅責任の重要性を強調し、「クリーンな政治を追求」(菅直人首相)するとした菅内閣は、発足2日目にして早くもつまずきを見せた。

 閣僚の政治資金をめぐる疑惑の説明を党側の幹部が行うのは異例だ。細野氏は9日午前、急遽(きゅうきょ)、記者団を党本部に集めて荒井氏の問題の釈明を行った。

 細野氏は、「事実と異なる記事だ。違法性はない。政治資金収支報告書の記載はすべて正しく、費用が適切に計上されている」と語った。

 同時に一報を伝えた読売新聞に対しては、「事実関係をきちんと報道されることをお願いする」と述べるにとどめ、訂正を求めなかった。

 荒井氏本人や事務所、政府側が対応しないことについて細野氏は「荒井議員は入閣直後で多忙だ。私が党を代表して話す」と釈明した。荒井氏自身が記者会見を開いて説明すべきだとの記者団の指摘に対しては、「私の説明で足りていると思う」と反論した。

 鳩山由紀夫前首相と民主党の小沢一郎前幹事長が「政治とカネ」の問題で「退場」し、「『政治とカネ』に対する厳格な姿勢」を強調して菅直人首相が登場したばかり。荒井氏はその菅氏の側近中の側近にもかかわらず、同氏の事務所は9日午前の段階で「本人は多忙なので、党が説明する」と、説明責任の履行を拒否している。

 荒井氏は9日未明、就任後初の記者会見で「政治とカネの問題はこの内閣にとってきわめて大事な要点だ。クリーンであることの意味は、公開性の原則が貫かれているかどうかだ」と答えていた。

 荒井氏は9日午前に首相官邸での臨時閣議に出席する際、閣僚が出入りする正面玄関とは別の出入り口を使う始末。正面玄関で待ち構える記者団を避けたかったようだ。

 菅首相も9日朝、宿泊先の東京・紀尾井町のホテルニューオータニを出る際、「さっそく政治とカネの問題が出たが、(荒井氏に)説明は求めるのか」との記者団の問いかけに、「おはよう」とだけ述べ、肝心の疑惑にはだんまりを決め込んだ。

【関連記事】
仙谷官房長官、公務員改革は「放り出し」
菅内閣発足 まず国家の基軸を示せ 言葉よりも具体的な成果を
菅氏、小鳩の証人喚問できるか “クリーン民主”へ試金石
「何人帰れるだろう…」参院選の顔に揺れる民主改選組
「クリーンな政治」実現できるか 菅氏の手腕に注目
電撃的な首相退陣劇の裏で何が…

電動自転車ユーザー拡大 バラエティー豊かに(産経新聞)
民主代表選 菅氏、余裕の表情 樽床氏は若さ前面に(毎日新聞)
<パン>米粉100%で焼く方法開発 小麦アレルギーも安心(毎日新聞)
<裁判員裁判>「全国初」懲役15年確定へ(毎日新聞)
菅氏が出馬表明=4日に民主代表選−後継選び本格化(時事通信)
posted by フクシマ トシミ at 10:38| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。