2010年06月10日

荒井国家戦略相に「事務所費問題」 本人説明せず…民主慌てて疑惑否定(産経新聞)

 民主党の細野豪志幹事長代理は9日午前、党本部で記者団に対し、荒井聡国家戦略担当相の政治団体「荒井さとし政治活動後援会」が、都内のマンションの知人宅を実態のない事務所として総務省に届け、政治資金収支報告書に平成15年から6年間で、約4222万円の事務所費を架空計上していたとの一部報道について否定した。

 疑惑を報じられた荒井氏本人および事務所は同日朝の段階で、記者への説明を避けている。正滅責任の重要性を強調し、「クリーンな政治を追求」(菅直人首相)するとした菅内閣は、発足2日目にして早くもつまずきを見せた。

 閣僚の政治資金をめぐる疑惑の説明を党側の幹部が行うのは異例だ。細野氏は9日午前、急遽(きゅうきょ)、記者団を党本部に集めて荒井氏の問題の釈明を行った。

 細野氏は、「事実と異なる記事だ。違法性はない。政治資金収支報告書の記載はすべて正しく、費用が適切に計上されている」と語った。

 同時に一報を伝えた読売新聞に対しては、「事実関係をきちんと報道されることをお願いする」と述べるにとどめ、訂正を求めなかった。

 荒井氏本人や事務所、政府側が対応しないことについて細野氏は「荒井議員は入閣直後で多忙だ。私が党を代表して話す」と釈明した。荒井氏自身が記者会見を開いて説明すべきだとの記者団の指摘に対しては、「私の説明で足りていると思う」と反論した。

 鳩山由紀夫前首相と民主党の小沢一郎前幹事長が「政治とカネ」の問題で「退場」し、「『政治とカネ』に対する厳格な姿勢」を強調して菅直人首相が登場したばかり。荒井氏はその菅氏の側近中の側近にもかかわらず、同氏の事務所は9日午前の段階で「本人は多忙なので、党が説明する」と、説明責任の履行を拒否している。

 荒井氏は9日未明、就任後初の記者会見で「政治とカネの問題はこの内閣にとってきわめて大事な要点だ。クリーンであることの意味は、公開性の原則が貫かれているかどうかだ」と答えていた。

 荒井氏は9日午前に首相官邸での臨時閣議に出席する際、閣僚が出入りする正面玄関とは別の出入り口を使う始末。正面玄関で待ち構える記者団を避けたかったようだ。

 菅首相も9日朝、宿泊先の東京・紀尾井町のホテルニューオータニを出る際、「さっそく政治とカネの問題が出たが、(荒井氏に)説明は求めるのか」との記者団の問いかけに、「おはよう」とだけ述べ、肝心の疑惑にはだんまりを決め込んだ。

【関連記事】
仙谷官房長官、公務員改革は「放り出し」
菅内閣発足 まず国家の基軸を示せ 言葉よりも具体的な成果を
菅氏、小鳩の証人喚問できるか “クリーン民主”へ試金石
「何人帰れるだろう…」参院選の顔に揺れる民主改選組
「クリーンな政治」実現できるか 菅氏の手腕に注目
電撃的な首相退陣劇の裏で何が…

電動自転車ユーザー拡大 バラエティー豊かに(産経新聞)
民主代表選 菅氏、余裕の表情 樽床氏は若さ前面に(毎日新聞)
<パン>米粉100%で焼く方法開発 小麦アレルギーも安心(毎日新聞)
<裁判員裁判>「全国初」懲役15年確定へ(毎日新聞)
菅氏が出馬表明=4日に民主代表選−後継選び本格化(時事通信)
posted by フクシマ トシミ at 10:38| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。