2010年06月19日

<口蹄疫>早期出荷対策事実上断念へ 副農相(毎日新聞)

 宮崎県の口蹄疫(こうていえき)問題で、現地入りしている篠原孝副農相は16日、川南町など発生集中地域の半径10〜20キロの搬出制限区域の感染リスクを減らすための家畜の「早期出荷」対策について「感染が収まれば急いでやる必要はない」と述べ、事実上断念する考えを明らかにした。

 県庁で記者団に明らかにした。政府は先月、搬出制限区域内の家畜をゼロにする緩衝地帯を作る考えを示していた。農林水産省は既に、繁殖雌牛(母牛)については「貴重な資源」として、早期出荷の対象から除外することを決めている。

 えびの市や都城市では、発生とほぼ同時に感染疑いの家畜を殺処分・埋却するウイルスの封じ込め策で一定の成果をあげている。篠原副農相は「早期出荷しようとした時に飛び火した。『えびの方式』でやった方がいい。緩衝地帯方式は変更されたと言っていい」と述べた。【石田宗久】

【関連ニュース】
口蹄疫:都城周辺は陰性 発生農家から1キロ、牛豚97頭
高校野球:夏の宮崎大会、開会式中止を決定 口蹄疫で
口蹄疫:宮崎・延岡へ通じる林道2路線封鎖 大分県佐伯市
口蹄疫:1例目感染発見から約2カ月 見えぬ終息の兆し
口蹄疫:西都市で新たに感染の疑い 289例目

裁判員裁判の判決文に評議の経過 「国民目線」見せる工夫!?(産経新聞)
友禅染をポップな現代アートに 外車ショールームで展示会(産経新聞)
千葉県の男に逮捕状=横浜弁護士殺害の疑い−離婚調停でトラブルか・神奈川県警(時事通信)
基礎収支、10年以内の黒字化目標=菅首相(時事通信)
豆腐会社社長を逮捕=汚水を垂れ流し―千葉県警(時事通信)
posted by フクシマ トシミ at 07:33| Comment(14) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。